さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2004年07月13日

やなぎ&独/秩父・ホンキートンク

かんいち.jpg
もう一組のオープニングアクト、「かんちゃんいっちゃん」。
左:ボーカルmuffこと完治郎さん。
「ブルースのコピーはあまりやったことない」というわりには、低音弦の連打で押しまくる見事なデルタスタイル。

後半のフォークチューンで聴かれた、あたかも虚空に「ぽん」「ぽん」と言葉を置いていくようなボーカル、コミカルでねばっこい詞も年季ものです。

右:ギターのいっちゃんこと市之瀬さん。
普段は「Dr.Tori&Love Bone」の看板ギタリスト。
高校球児風のルックス、腰の低い穏やかなものごしが、ギター持つと一変!
「タメって、渋みってなんだっけ???」
若き日のフレディーキングやアルバートコリンズを思わせる「乱暴者ギター」。
30代の若さでこのダウンホームぶりは驚異です。

本来はエレキのひとで、このひとにテレキャス持たせると止まりません。

ちなみに今回アップしたのはリハのときの画像で、背後に写ってる長髪の男性は、ホンキーのPA担当の近藤さん。

どくやなぎレレ.jpg
うちらの出番。まずはドブロレレから。

どくやなぎAH.jpg
オートハープ。実は人前で弾くのははじめて。


どくやなぎドブロ.jpg
で、ドブロ。もろブルースじゃないスタイルでやるのはこれまたはじめてでした。
BBSで書いたけど、ソロを弾いてる最中に、力みすぎてブリッジから弦が外れる。
あわててもとにもどしたら、ブリッジの溝に弦がはまる音が「パッキーン!」とひびきわたってしまった。

鈴木+やなぎ.jpg

打ち上げのひとこま。

わたしがホンキーにやなぎさんのCDを持ち込んだのは、要するにこれが見たかったからなんだ。
マスター+やなぎ。
初期ムーンライダースの世界。  続きを読む

Posted by 独酔舎 at 06:41Comments(0)おやじライブ5