さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2004年12月12日

高坂一潮LIVE

いつもお世話になってます県南の古豪、上福岡曼陀羅。今夜は青森の「高坂一潮」さんの前座をやらせていただきました。

ならさん.jpg

秋田「ユメリア」でお世話になってる楢せつをさんと、衝撃の再会。相変わらずダンディーです。
じつは一潮さんのツアーに同行されてるんじゃないかという未確認情報はあったんですが、じっさい会うまでは半信半疑。
「をうをう、なになに、どしたのさ!?」
「俺の実家、ここから歩いて5分なんですよ!」

親指まで使った「ワシ掴み」のコードワークがやりやすいようにと、自分で指板の両サイドをえぐった古いギブソン(リッチーブラックモアのストラトみたい)。

半音下げのチューニング+1フレットにカポタストで、より弾きやすく、かつハイコードとローコードの音色のギャップをなくすアイデア。

このひとのステージは勉強になります。

いっちょうさん.jpg

「だびよんの鳥」一潮さん。
名前はあちこちで聞くんだけど、もちろん初対面で、音源も聴いたことなくて、
「いったいどんなひとなんだろう?」
と思っていたら、やはりユメリアつながりの「恐るべき20代」浜田伊織くんから、「青森の“おとちゃ”に似てるよ!」との情報。

うんうん。似てるよ!
おとちゃに比べるともうちょっとオーソドックスで、フワッとした存在感。
などと言うより、3コードの8ビートとワルツで、これだけ多彩な表現ができるんだ!というあたりが驚異でした。

歌詞はコミカルでセキララで、おかしくって重い・・・!

いっちょうさん2.jpg

なんとペダルスティールです。
これって「情景描写」の楽器ですね。気分はすっかり無国籍。
わたしもちょっとだけウクレレ弾かせてもらいました。  

Posted by 独酔舎 at 01:07Comments(0)音楽2

2004年10月03日

やなぎさん&西濱哲男(ブルースファイルNo,1)さん

にしはまさん1.jpg
高円寺『稲生座』で、やなぎさんと西濱哲男さんのジョイントライブがありました。

西濱さんは、ブルースファンのかた、「モーニング」読者のかたはよくよくご存知ですわな?

にしはまさん2.jpg

そう、「Hey ブルースマン」というマンガのモデルになったかたです。でも、そういった小ネタを別にしても、強力なパフォーマーです。

やなぎさんの写真も撮ったのですが、手ブレで使い物にならん状態でした。面目ない・・・  続きを読む

Posted by 独酔舎 at 01:24Comments(1)音楽2

2004年08月26日

国際通りの奇跡(笑)

三線つめ.jpg

三線つめ2.jpg

こんなもので済んでほんと〜によかった!  続きを読む

Posted by 独酔舎 at 21:56Comments(5)音楽2

2004年08月09日

2004ミューズロックフェスティバル

全景.jpg

ひさびさにでっかい会場での演奏でした。
名前の通りロックバンド中心のフェスなんですが、バンドの入れ替わりの合間にアコの演奏がはさまるのです。
これはちなみに上の写真はmitiさんのステージ。
“kiss”間奏のコードソロにフランジャーかましてぐにょんぐにょん。なまはんかなロック小僧ははだしで逃げ出すな。

「ひな」のゆうこちゃんに、「わたしのステージ、後ろから1枚撮ってくれない?」と頼んでみました。
しかし、いかんせんバンドのセットの組み換えをしてる暗幕の前での演奏だったんで、リクエストそのものにかなり無理があった。
でもゆうこちゃん、忙しいのにがんばってくれました。(ほとんど「家政婦は見た!」だが・・・)ありがとね!
家政婦は見た!.jpg

と思ったら、ちゃんと正面からのカットもありました。
('入'*)カンシャ
新婚旅行の長崎で衝動買いしたオベーションレレ。生鳴りは最悪ですが、でかい会場での使い勝手は抜群です。
ミューズ独.jpg  続きを読む

Posted by 独酔舎 at 00:03Comments(1)音楽2