さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2005年01月07日

雑な郷土食シリーズ海外編2

食卓.jpg
・・・てなわけで、「赤い食卓」が始まります。

右端の女性は四川生まれ四川育ちなのですが
辛いものが一切ダメ。(今の若者には結構多いと聞きました)
で、「唐子・山椒抜き」の味も素っ気もないうどんをたべております。

籾乾し.jpg

いつかの日記で書きましたが、長江流域はお米の文化圏です。で、あちらの農村部で観たひとこま。

農家の庭にはたいていちょっとした竹林が囲ってあって、毎年きちんと手入れしては、いろんなものに使っています。

鉈一本・キリ一本持って家々を廻っては、その家の竹を使ってテーブルやイスを作る商売にも出くわしました。

おもしろいなと思ったのは、竹の表皮を薄く裂いてリボン状にしたやつを編んで、大きなマットを作るのです。これがなかなか便利そう。

上の写真は、収穫した稲籾を竹のマットの上で天日干ししてるとこです。
日本だと田圃のあぜに丸太を組んだウマをつくって、そこに刈ったままの稲をはさがけするんですが、あちらでは稲穂から籾を外して、こういうマットの上に広げて干してました。

ときどき熊手でかき混ぜながら。これはこれで風情があるもの・・・かな?  

Posted by 独酔舎 at 20:06Comments(0)雑な郷土食シリーズ1