さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2004年07月29日

7/31(土)夜、ライブに来ておくれよぅ!

葡萄館地図.jpg

おとさん・mitiさん・わたしの三人に、毎回ステキなゲストを迎えてお送りしてきた『三人會』、おかげさまで5回目の開催となります。
期日は7/31日(土曜日)
場所は熊谷市『葡萄館』
http://homepage.mac.com/acousticlive/Menu2.html
チャージ1500で1ドリンクつきます。

19:30 開場
19:45 開演

 1.おと
 2.miti

 ゲスト 成田誠

 3.独酔舎

終演は10時前後です。

今回は秋田の土産話なんかも出ると思います。
台風がちょっと心配だけど、是非遊びに来てね!

駐車場は市役所のが使えます。正面入り口は土日閉まってるけど、建物の裏側に廻れば24時間開いてる出入り口がありますよ。

あと、駅の南側(上の地図、画面下のほう)に廻れば500円停め放題の駐車場がいくつかあります。

電車だと、JR熊谷駅から徒歩10分くらいです。

来ておくれよぅ!!  

Posted by 独酔舎 at 22:26Comments(0)音楽

2004年07月25日

秋田彷徨3

2004ユメリア独.jpg
ことしも行ってしまいました。
で、毎年山のような「おみやげ」をもって帰ってくるのです。  続きを読む

Posted by 独酔舎 at 19:33Comments(0)音楽

2004年07月22日

秋田彷徨2

冷汁.jpg

こう暑いと冷たいものが食べたくなるよね。

粋に蕎麦をたぐるのも結構ですが、家で食べるならやっぱりうどんやそうめん・冷麦なんかの「麦系」です。

それだけだと栄養的にも偏るんで、今夜は「冷や汁」にしました。四国や九州の「冷や汁」は冷たい味噌汁みたいなもので、ご飯に掛けてたべたりもするようですが、

うちの方ではもっぱら麺類のつけだれにします。
「うどん文化圏」である栃木〜群馬〜北埼玉かいわいの食習慣だと思っていたのだけど、じっさいのところはどうなんでしょう?

一応2〜3人ぶんのレシピを書いておくと、

1:きゅうりとナスを薄い輪切りにして、塩を振っておくだよ。
2:ねぎ・みょうが・青しそなんかをみじん切りにしておくだよ(かなり多め)。
3:てのひら山盛りのゴマをフライパンで香ばしく煎るだよ。
4:すり鉢で「皆殺し(粒が残らない)」の状態に擂り潰すだよ。
5:味噌おたま半分〜2/3、砂糖大匙2、市販のつゆの素大匙1、水おたま1を入れてさらに擂るだよ。

6:1のナスきゅうりを水にくぐらせてざるに上げ、固くしぼって5にぶちこむだよ。
7:2の薬味もぶちこむだよ。
8:氷をちょっと多いかな?くらいに入れるだよ。
9:できあがり。かなりねっとりしてるから、食べる寸前に水で濃さを調整するだよ。氷がどんどん溶けて水っぽくなっていくから、最初から薄めすぎないように気をつけるだよ。

余ったら冷蔵庫に入れておいて、翌朝豆腐をうかべて味噌汁の代わりにすると食が進むだよ。

×   ×   ×

これはあくまでも我が家の流儀で、家によっていろいろなスタイルがあるみたいです。薬味少な目とか、ゴマを全部つぶさないとか。

×   ×   ×

さて、ライブの話のつづきだ。  続きを読む

Posted by 独酔舎 at 19:45Comments(3)音楽

2004年07月21日

秋田彷徨1

ユメリアは自分にとってはライブという以上に、年に一度のだいじな儀式なんですな。  続きを読む

Posted by 独酔舎 at 20:52Comments(0)音楽

2004年07月13日

やなぎ&独/秩父・ホンキートンク

かんいち.jpg
もう一組のオープニングアクト、「かんちゃんいっちゃん」。
左:ボーカルmuffこと完治郎さん。
「ブルースのコピーはあまりやったことない」というわりには、低音弦の連打で押しまくる見事なデルタスタイル。

後半のフォークチューンで聴かれた、あたかも虚空に「ぽん」「ぽん」と言葉を置いていくようなボーカル、コミカルでねばっこい詞も年季ものです。

右:ギターのいっちゃんこと市之瀬さん。
普段は「Dr.Tori&Love Bone」の看板ギタリスト。
高校球児風のルックス、腰の低い穏やかなものごしが、ギター持つと一変!
「タメって、渋みってなんだっけ???」
若き日のフレディーキングやアルバートコリンズを思わせる「乱暴者ギター」。
30代の若さでこのダウンホームぶりは驚異です。

本来はエレキのひとで、このひとにテレキャス持たせると止まりません。

ちなみに今回アップしたのはリハのときの画像で、背後に写ってる長髪の男性は、ホンキーのPA担当の近藤さん。

どくやなぎレレ.jpg
うちらの出番。まずはドブロレレから。

どくやなぎAH.jpg
オートハープ。実は人前で弾くのははじめて。


どくやなぎドブロ.jpg
で、ドブロ。もろブルースじゃないスタイルでやるのはこれまたはじめてでした。
BBSで書いたけど、ソロを弾いてる最中に、力みすぎてブリッジから弦が外れる。
あわててもとにもどしたら、ブリッジの溝に弦がはまる音が「パッキーン!」とひびきわたってしまった。

鈴木+やなぎ.jpg

打ち上げのひとこま。

わたしがホンキーにやなぎさんのCDを持ち込んだのは、要するにこれが見たかったからなんだ。
マスター+やなぎ。
初期ムーンライダースの世界。  続きを読む

Posted by 独酔舎 at 06:41Comments(0)おやじライブ5

2004年07月12日

やなぎ&独/栃木・銀河鉄道

まずは7/9(金)栃木県大平町の町の駅「銀河鉄道」(わたしのHPを管理してくださっている山上陽さんが経営)で行われた「突然ですがライブです」から。

どくやなぎあべ.jpg
お昼をいただいたお蕎麦屋さんにて。
右:栃木の「元祖ストリートシンガー」・阿部さん
中:やなぎさん
左:たまさか近所の田圃からトラクターで乗りつけた怪しいおっさん
銀鉄どくやなぎ.jpg
原口純子さんが都内で移動中渋滞にはまってしまい、若干遅れて開演。
まずは「Everyday I Have the Blues」からスタート!

銀鉄やなぎ.jpg
で、ソロのステージ。どうだい、この迫力。

純子さん.jpg
トリは純子さん。けだるく、ときにちょっとエッチな感じのうたいくち。ギターも抜群に上手かったです。  続きを読む

Posted by 独酔舎 at 05:41Comments(0)音楽

2004年07月08日

お〜、もうあさってじゃん。

でも、練習もしないでDVDみてるんだな。  続きを読む

Posted by 独酔舎 at 21:14Comments(0)音楽

2004年07月08日

あと二日〜!

ホンキー地図.jpg

それにしてもあっついなぁ!
このまんま週末になだれ込むのかしらん。  続きを読む

Posted by 独酔舎 at 06:59Comments(0)音楽

2004年07月04日

房之助ライブまであと6日

やなぎさん.jpg

お世話になってます。  続きを読む

Posted by 独酔舎 at 22:07Comments(0)音楽

2004年07月02日

房之助ライブまであと一週間

ふさのすけの楽器.jpg

岩手の「やなぎ」さんのお手伝いでわたしも前座のステージに立つんで、ぼちぼち仕込みを始めております。  続きを読む

Posted by 独酔舎 at 21:11Comments(1)音楽

2004年07月01日

ほたる(アフターケア)

ほたる2.jpg

↑ちなみにほたるはコレです!  続きを読む

Posted by 独酔舎 at 06:45Comments(1)毎日