さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2004年11月28日

またやっちまった!

鶴ヶ島町をくるまで走っていたとき、開店したばかりのリサイクルショップが目に付いた。まあ、たいしたものはないだろうけど、一応パトロールを・・・

全体.jpg
で、いま我が家にこの子がいる、と。
「Sillver mellow tone」No.240。
1950〜1970年代くらいに、大手メーカーの楽器を代理生産していた「春日」という工房の製品のようです。

表板スプルース、側・裏板はカエデのオール単板かな?

ブリッジ.jpg
昭和30〜40年代生まれ?
カンチさんに愛用してもらってるヤマハ「独レレ」は
非常にきれいな状態でしたが、同世代のこの子は
「歴戦のツワモノ」てな感じです。

まず、ブリッジが浮いています。
・・・というより、前後左右が均等に浮き上がってるんで、これは製作当初からこの状態だったのかもしれません。

ネック.jpg
ネックの付け根も浮いてます。
これも、弦の張力に負けてパクッといっちゃった、
というよりは、もともと建付けが悪かったところが
乾燥なんかの具合で開いてきちゃったみたい。

パーフリング.jpg
サウンドホールの周りに「パーフリング」という白いセルの飾りが埋め込んであるんですが、セルと木材の境い目がポコッと落ち込んじゃってます。
いったいどういう弾きかたしたんだよ???

・・・ということで、満身創痍のこのウクレレ。
「ジャンク(廃品)」扱いで店先に転がされてました。
売値800円ナリ。

でも、手に取った瞬間、どこをどう弾いたということもないのに、「ポッコ〜ン!」と鳴ったんです。
「ぼくはまだ生きてるよぅ!!!」っていうみたいに。

そういえば「スナフキン」ことDCスミスのときもそうだった。

修理に出すのは簡単だけど、せっかく現状で最高によく鳴ってるんだから、このまま弾いていこう。で、ブリッジが飛んじゃったりしていよいよどうにもならなくなったら、そのときはそのときで考えればいいや。  

Posted by 独酔舎 at 19:56Comments(9)音楽3

2004年11月27日

チャカチャカチャカ・・・

sentakuita.jpg

これが今回のライブの秘密兵器、
「洗濯くん1号」。
材料はすべて近所の100円ショップで調達。

秋葉原で買った安手のコンタクトマイクをつけて、
ワイヤレスで音を飛ばせるようになってます。

3日間のライブでだいぶ乱暴に扱ったので、ネオンが断線して、ところどころ点灯しなくなっちゃいました。  続きを読む

Posted by 独酔舎 at 20:26Comments(3)おやじライブ

2004年11月27日

嵐の三日間

muraji.jpg
伊豆でお世話になったむらじさん。「晩秋」をテーマに、フォークソングの隠れた名曲でジワッと攻める。

kazemaru.jpg
風丸さん。ものすごい音圧感。このひとはロックです。
以前から「ガキ大将」的なイメージがあって、このひとの似顔絵を描いたときもついつい熊を引っ張ってもらったりしちゃったのですが、
実は繊細な神経の持ち主。絵本作家でもあったりします。
横浜六角橋に新装開店の「風丸ショップ」にもお邪魔しました。
http://www.kazemaru.net/main.html

kanchi.jpg

いや、わかってるんです。「おっさん」も「おばはん」も「ぐりぐり巻き」も、もう何回も聞いて、歌詞も暗記しちゃってるくらいなんです。
いつ、どこで、どういうクスグリがくるか、よっくわかってるんです。
なのに、毎回死ぬほど笑うんです。笑っちゃうんです。
このひと、カンチさんのステージを一回でも観ると、脳味噌の隅っこに「笑いのラジコン」が仕込まれてしまうのかもしれません。

yanagi.jpg

2ndCD、売れてます。好評みたいです。
実際、12連装のカーステに入れて、メジャーどころの邦楽・洋楽なんかといっしょに回してても、ほとんど違和感ないです。

ステージ、若い世代にもお年寄りにもウケてました。
ギタープレイの安定度が増す一方、歌はよりいっそう激しく生々しく・・・

kanchi session.jpg
カンチさん@羽数
ハープ=やなぎさん
マンドリン=館野さん

rudeboy.jpg
風丸さんとやなぎさん@Guppy。
往年のスーパーデュオです。

みんなで.jpg

最終日の記念写真。

左手前 風丸さん
右手前 さくら社長
左奥  カンチさん
右奥  やなぎさん


マネージャーの“五月の姫”さんは一足先に列車で帰られたので、写っていません。  

Posted by 独酔舎 at 08:13Comments(5)おやじライブ6

2004年11月25日

秋のおやじ収穫祭、無事終了しました

ねこじゃらし.jpg

どうにか日常をとりもどしつつあるところ・・・  続きを読む

Posted by 独酔舎 at 19:47Comments(5)おやじライブ

2004年11月19日

明日、おやじライブ!

沖縄の人気者.jpg
 ↑ちなみに、これは「おやじライブ」ではありません。

さて、北本駅から各方面への最終列車です。
駅すぱあと10月版で調べましたが、一応最新のダイヤと照合しておいてください。

【のぼり】
北本   大宮  上野
23:12→23:29→23:55
        (→川越00:05)
        (→池袋00:05)
23:30→23:48→00:14
        (→川越00:35)
        (→池袋00:18)
 もちろん、池袋は赤羽乗換えです。

【くだり】
北本   熊谷  高崎
00:26→00:44
00:32→00:50→01:33

クルマでおいでになるかた、運転代行の番号案内もしてもらえるそうです。  

Posted by 独酔舎 at 23:24Comments(0)音楽

2004年11月18日

おやじ本舗2004秋のツアー!?

とびどうぐ.jpg

電気仕掛けのニクイ奴。  続きを読む

Posted by 独酔舎 at 23:31Comments(3)音楽

2004年11月17日

おやじ本舗2004秋のツアー!

はがき埼玉版.jpg

いよいよ今週末からだよん!
初日11/20(土)は鴻巣市・南蛮茶屋「PAZU(羽数)」です。  続きを読む

Posted by 独酔舎 at 22:52Comments(0)音楽

2004年11月14日

ひさびさ・・・

かっぱ.jpg

ほぼ半月ぶりの更新です。
なにをしていたかというと・・・  続きを読む

Posted by 独酔舎 at 23:57Comments(1)毎日

2004年11月01日

ホンキートンクのフォークナイト:1

2004.10.30ホンキー.jpg
去る土曜日、皆野町「ホンキートンク」のアマチュア飛び入りDay、「ホンキーフォークナイト」に行ってきました。

自分のライブとひっかかったり、わたしの親族のゴタゴタがあったりして、ほぼ3ヶ月ぶりの参加です。

写真はライブの大トリの成田誠くんのステージ。

Vo&G=成田誠
バンジョー=おと
フラットマンドリン=マスター
パーカッション=たつやさん

ソリッドで、互いに食らいあうようなえげつないセッションを強引に纏め上げる成田君の「歌力」。

やってるのは定番、拓郎の「ペニーレインでバーボンを」なのに、このハチャメチャな疾走感は、一体なんなのだろ。  続きを読む

Posted by 独酔舎 at 20:09Comments(1)音楽