さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2005年08月31日

カンチさんキタ〜!

kan4.JPG
hon8.JPG
ブルースは生き様だ!的な言辞からは、どこかナルシスティックな臭いがしてしまう。
ナルシスティックなものへの違和感は、喜怒哀楽に加えて人生につきものの「はずかしさ」や「みっともなさ」が欠けていることへの違和感だ。「おまえ、ほんとにそんなかっこいいばっかの人生送ってんのかよ。」

はずかしさ・みっともなさには、クスクス笑いとともに、いつもある種の哀しさやいらだちが伴う。
一方、すべての哀しさやいらだちが、はずかしさ・みっともなさを備えているわけじゃない。

ぴかぴかにかっこいいブルースが観たい夜もある。でも、喜怒哀楽から「はずかしさ」「みっともなさ」までをバランス良く含んだブルースを観ると、元気になれる。憂歌団であり、有山じゅんじさんであり・・・
今回は観れなかったけど(わたしが事前に「楽しいブルース」を宣伝しすぎちゃったんで、ご本人、気を使っちゃったみたい)、カンチさんには純粋な「怒り」のブルースもあるのです。


やなぎ.jpg
カンチさんの演奏が終わり、やなぎさん一人がステージに残った。とたん、それまでちえちゃんの脇でサポートに徹していたPAの近藤さんが、自ら卓を操作し始めた。ああ、近藤さんがやなぎさんを認めている。そのことだけで単純に興奮している自分がいる。
・・・考えすぎかもしれないが。

なんにせよ、あのときやなぎさんと近藤さんが二人で創り出したサウンドはドラマティックで、まさに別格だったと思う。
「去年の(近藤)房之助さんの前座ではおとなしめにやりましたが、今回は激しい感じでやらせてもらいます。」
たしかに、あのときは私とのセッションが前提だったんで、かなり抑え目の演奏になっていた。でも、今回のステージでむき出しになったワイルドさ加減は、この1年間で身に着けたものが大きいような気がするのだ。
右手親指が刻むリフがボーカルを煽り立てる。シャウトの後に流れるようなオブリが忍び込み、それらすべてを変幻自在のエフェクトが包み込んで、つぎつぎとあたらしい「情景」をつくりだす。

ああ、いいなあ。ふたりとも、いい仕事してるなあ。
不遜は承知で、そう思ってしまう。

×   ×   ×


1枚目の写真左端でわたしが怪しい動きをしてるのは、
別にややこしい世界と交信してるわけではありまへん。(謎)  

Posted by 独酔舎 at 22:50Comments(2)音楽

2005年08月22日

帰ってきた『三人會』!

それは知る人ぞ知る、知らない人はぜんぜん知らない伝説の企画。

どんな日照りの夏でも、この三人が揃うとふしぎと雨が降るということじゃ。  

Posted by 独酔舎 at 21:43Comments(0)音楽

2005年08月21日

銃声

ひるね.jpg

たんぽぽさんが用事で都内に出てしまったので、今日は子守サンデーだ。  続きを読む

Posted by 独酔舎 at 14:04Comments(1)毎日

2005年08月19日

ことしも咲きました

ゆうがお2005.jpg

帰りが遅くなり、10時過ぎに職場を出ると、
事務所の壁に這わせてある夕顔が満開でした。
となりでヒョウタンの花も満開。こいつも夜に咲くんですね。

いずれも時間的に、あまり大勢に見てもらえないのがつらいところ。  

Posted by 独酔舎 at 07:34Comments(0)毎日

2005年08月17日

ブリッジピン

ブリッジピン.jpg

OCスミスのブリッジピン。
買ってすぐにブラス製の重たいやつに交換していたんだけど、
近頃とみに「なんか、最初お店で弾いたときはこういう音じゃなかったよなあ」と思うようになり、

昨日、プラスチックの安物で一番軽いやつに交換。
レスポンスが格段に良くなって、中域の明るさが増した。
でも、そのぶん低域の締りが犠牲になったかな?強いストロークなんか、ちょっとつらいかも。

全体にはすごく好きな音なんで、このままいっちゃおう。  

Posted by 独酔舎 at 07:26Comments(3)音楽

2005年08月15日

地獄の釜の蓋が開く

はらばい.jpg


「はぁやれやれ、どっこいしょ。」

さて、盆には「地獄の釜の蓋が開く」などと申します。
「三千世界」というコトバもあるのに、死後の行き先はそんなにもたくさん用意されてるのに、なんでこの場合は一律に「地獄の釜」なんでしょか。乱暴な話です。  続きを読む

Posted by 独酔舎 at 21:52Comments(4)毎日

2005年08月14日

高田馬場にて

さて、旅のブルース仙人やなぎさん。
先日の鴻巣PAZUの後、長いツアーをしておりました。
東海〜近畿〜北陸〜甲信と廻って、今日ふたたび関東を通過。

今夜のハコは高田馬場「ジェリージェフ」。
おお、若き日ののわたしが、夜な夜な泥酔しては「あんなこと」や「そんなこと」をして世間様に多大なご迷惑をかけていた、まさにあのかいわいじゃありませんか。

こりゃあいかねばなるまいて。

×   ×   ×

JR高田馬場で降りるのも7〜8年ぶりくらいだ。

ご多聞に漏れず、不況の影響でシャッターを下ろしてる店舗が多い。
わたしの知らない間に「ラーメン激戦区」になったとかで、
ラーメン店の看板が増えた。

でも、それ以上にわたしが徘徊してたころのあやしげな、ぱっとしないお店の多くが改装もせず同じ場所でがんばってるのが意外だし、うれしかった。

ジェリージェフは下戸塚かいわいにあるので、駅を出て早稲田通りをひたすら南下する。

あっ!焼き鳥屋「鳥やす」まだやってる!
思わず暖簾をくぐりたくなるが、開演40分前だからグッとがまん。
じゃがたらのアケミそっくりの親父はまだ元気かな。カエルやイナゴなんかのゲテモノ類はまだ出してるかな。

わせだしょうちく.jpg
早稲田松竹、まだやってる!
わたしは金無かったんでほとんど行かなかったけど、
ロシアアバンギャルドやフランスシネマの特集なんかやってて、
演劇や映像やってる連中が通いつめてたなあ。
いまは普通の番組もやるみたいで、来週からは「マダガスカル」上映するみたいです。

×   ×   ×

目白通り越えて、インド大使館を通過。

このへんは古本屋だったのだが、だいぶ店じまいしてる。
バンドの練習に使ったスタジオ「音楽館」もなくなってる。
あの胃の悪そうな店長はどこにいったのだろ。

貧乏学生御用達の激安衣料品店「USバンバン」まだある!
「ユニクロ」の無い時代、1枚300円のトランクスとか、お世話になりました。

現在の「ドンキホーテ」の走りみたいな存在だった雑貨屋「ひまつぶし」まだある!でも、店頭でキャベツとかこんにゃくとか売ってて、ちょっと別のものになってるぞ。

多量のドバトを飼いならした挙句、糞害なんかで周囲とトラブルを起こしまくって、最後は放火されてつぶれちゃったパチンコ屋、
小奇麗な店舗でひっそり再開してました。

で、ようやくたどりついた「ジェリージェフ」。
二階は右翼団体の事務所で、こんなとこでライブなんてどきどきです。
やなよしこ.jpg

ゲストは「よしだよしこ」さん。
長身に薄物のワンピースで、いつお会いしても素敵です。
ガーシュインの「サマータイム」が、気がつくとCMでおなじみの「あの」曲になってるというネタが、わたし的には大はまりでした。

やなぎさん、関東の暑さにお疲れのようでしたが、ステージはきっちりこなしていたのはサスガ。pazuでは聴けなかった新曲も交えて
、ああ楽しい夜でした。  

Posted by 独酔舎 at 23:23Comments(0)毎日

2005年08月11日

友部正人inホンキートンク

えいしょ.jpg

どく.jpg

hanamaki.jpg

とも.jpg

写真、2枚目と3枚目はmuffさんからいただきました。
いつもありがとうございます!  続きを読む

Posted by 独酔舎 at 22:27Comments(1)音楽

2005年08月06日

さんぱつ

1.jpg
髪の毛だいぶ伸びたなぁ。
そろそろ切るか?

というわけで、ちょきちょきちょき。
学生時代、パンクやサイケやってたころは、髪の毛自分で切ってたんだよね。

2.jpg
・・・というわけで、パンク小僧完成。
ミチロウと呼んでやってください(謎)。

3.jpg
横から見ると・・・
う〜ん、耳がでかい。  

Posted by 独酔舎 at 19:09Comments(2)毎日

2005年08月06日

田舎

おばけ.jpg
どう、ちっとは涼しくなった?

×   ×   ×

ある地方都市に親代々住んでいる知人が言った。
「田舎って、会社なんです。」  続きを読む

Posted by 独酔舎 at 07:49Comments(2)毎日

2005年08月04日

追悼:杉浦日向子氏

hinako.s.jpg
(1996 杉浦日向子『百日紅』下巻P55 ちくま文庫 東京)
杉浦日向子さんが亡くなった。
まだ46歳の若さだった。

わたしにとってこの喪失感は、ある意味高田さんや天野さんのときよりもずっと大きいものがある。  続きを読む

Posted by 独酔舎 at 07:13Comments(4)毎日

2005年08月02日

ねがえり完成

いち.jpg
「い〜ち・・・」
にの.jpg
「に〜の・・・」
さん.jpg
「さん!」  続きを読む

Posted by 独酔舎 at 20:59Comments(1)毎日

2005年08月01日

ぐりぐり巻き

うでちゅぱちゅぱ.jpg

理由はわからん。とにかく、寝返りが打ちたいようなのである。
背中が暑いからか。いや、それならば、秋口に生まれた幼児はほぼ1年間は仰向きで過ごすことになる。

なにやらオトナには計り知れない衝動が、彼女のテニスボール大の脳味噌を揺さぶりつづける。

「あい!あい!」気合を発しつつ、朝から晩までどすんばたんと大奮闘。疲れると「8マン」のポーズで小休止。眼を覚ますとふたたび長い長い戦いが始まる。どすん。ばたん。

この態勢から左腕を抜けば、寝返り完成。
なのに、頭が重いんだか、体が固いんだか・・・

ひとつのことに夢中になるあまりよだれが垂れたりするのは、おとなもあかんぼも同じらしい。
枕元にはおびただしい数の「よだれ池」ができて、このままほっといたら脱水状態になるんじゃないかと不安になる。

ぐりぐり巻き.jpg

あんまり暴れられても困るんで、適当なところでバスタオルにくりくりっと包んでやったら、これがなかなか快適だったようで、スヤスヤ寝てしまった。(もちろん冷房はかけてますよ!)

デカ頭のわが子が無事に寝返りを打てる日はいつか。  

Posted by 独酔舎 at 21:58Comments(1)毎日