さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2006年07月30日

ケアハウスで歌う

ケアハウス、いわゆる老人ホームの納涼会で歌う。
以前からの音楽仲間である馬場さんがこの施設に関わってるご縁で、ホンキー主人の鈴木さんにご紹介いただきました。

仕事がらみの知り合いでも何人か、ハモニカの演奏や寸劇(『名月赤城山!』なんかで施設を廻られてるかたがいました。
“××さんも歌やるんなら行ってみればいいよ”などと言われてたんですが、じっさいお邪魔するのはこれが初めて。

おと.jpg
対バン(?)は、施設職員のみなさんの島歌バンドと、『三人會』でおなじみの「おと」さん。
三線にバンジョーにウクレレ。なんてマニアックな納涼会。
どく.jpg
「楽しんでもらえたかどうか」については、正直よくわかりません。

とりあえず20分強のわたしの出番で一番反応がよかったのは、前日慌てて仕込んだ「港町十三番地」だったけど、
どんなステージでもいえるけど、「その場で反応しやすい」のと「記憶に残る」のは別問題だよな。
また機会をいただければやってみたいです。
おべんと.jpg

お昼ごはんごちそうになりました。
県北の王道!「聖天寿司」であります!!
このおいなりさんを作ってるお店は2軒あるんですが、こちらはよりお上品なほう。それですらこのボリュームだ。

×   ×   ×

夜はホンキートンクで加川良さんのライブ。

オムニバスのイベントでは何度か観ているが、まとまったライブは初めて。

「フォークってほんとに嫌いだったんですが・・・(註:初期のライブLP「やあ!」を聴いてくれ!)最近になってわかったんです。フォークそのものが悪いんじゃなくて、その当時日本でフォークをやってた人たちが嫌いだったんです!わたし、近頃フォークにはまってます。フォークにはまるなら60くらいからがいいよ・・・」
(客席大爆笑!)

どぉだい、還暦を前にしてこの毒、この屈折加減!
しかも、このトークの直後に高田渡メドレー3連発。
瞬間、「大ホンキートンク」は加川さんの発する紫の煙に巻かれ、もうどこが前やら後ろやら。

エレキ弾くときのニールヤングみたいにひっきりなしにカラダを躍らせながら、時折かみつくようにマイクに向かう。音量はぐわんぐわんと揺れる。
足元にならべた踏んづけのエフェクターをひんぱんに踏み換える。ギターの音もぐわんぐわんと揺れる。
曲の合間にうなる「ヘイヘイ、フンフン♪」という小唄は、あれはやっぱりPAとの「距離」を測ってるんだろうな(あんな測られかたをされるほうは、さぞかし大変だろうけど!)。

剛直を演じつつも、このいかがわしさ・手練手管がたまりません。
あ〜、加川良。オトコはかくありたいです。  

Posted by 独酔舎 at 21:51Comments(0)音楽

2006年07月26日

レア音源♪

ネギ!.jpg

なぜかネギが好きだ。

買い物帰りのクルマの中で、レジ袋からネギをひっぱりだしてご満悦。取り上げて冷蔵庫にしまうと、冷蔵庫のドアにとりすがって泣き崩れるほどネギが好き。

大根やにんじんも好き。大きめに切って、ダシ醤油でやわらかく煮たのなんか、これがないと離乳食が進まないってくらい、もうすごく好き。

しぶい。・・・しぶ乳児。  続きを読む

Posted by 独酔舎 at 20:27Comments(1)音楽

2006年07月23日

夏祭り

2006まつり.jpg

ライブから一夜明けて、今日はこの地域の夏祭りです。
朝から町中がざわざわしております。  続きを読む

Posted by 独酔舎 at 21:27Comments(0)毎日

2006年07月23日

『曲者』、曼陀羅にあらわる!

夕方5時過ぎ
いつものように曼陀羅のドアをあけると、中は真っ暗。
客席の真ん中に置かれたイスの上にマスターが立っており、天井から長〜いものが・・・

ひいぃぃぃぃぃぃっ!!

×   ×   ×

このところの長雨で曼陀羅名物の雨漏りが激化し、
ショートした屋内配線をマスターが自力で修理していたところだった。
わたしもドライバー借りて修理を手伝う。リハに入って早々に電気屋やるのは初めてだ。この世界、奥が深い。
電気工事.jpg
仕上がりはこんな感じ。かなり「秘密基地」化している。

曲者.jpg
で、「曲者」登場。長丁場のステージは初めてとのことだったが、どうしてどうして。新曲(?)の「誕生日」と、イチさんの歌う「飲んだくれジョニイ」が特に好評だった。
お客できてたガラス工房のご主人が、イチさんのボトルネックを造ってくれるなんて話も飛び出したりして、ささやかに盛り上がった夜でした。

×   ×   ×

冒頭のトラブルもあったりして、音決めもままならない状況でしたが、かましてくれました「曲者」。やっぱりもっといろんなところのお客さんに聴いてほしい音でありコトバだなあ。

完治郎さんのウェットな歌いくちに、まさに“弾き倒す”というコトバがしっくりくるイチさんのギターが不思議に馴染んできてるのがとにかく面白いです。

県北でイベント等企画される際には「曲者」を是非。
直接頼むのが恥ずかしければワタシ経由でもいいです。

・・・あと、独酔舎もちょっとだけよろしく(赤面)  

Posted by 独酔舎 at 00:19Comments(1)音楽

2006年07月14日

個性・・・

negi.jpg

個性なんて、所詮自分で組み立てて演じていくものでしかないんじゃなかろうか。そもそも教育なり適応自体が「カドを丸める」行為でしかないんだし。

個性を有するってことそのものが、じつはすごくリスキーなことなんじゃないだろうか。
ばん!と足を踏み出すのは一瞬。でも、その逸脱を個性にまで押し上げるには、さらに数百倍数千倍の時間がかかる。

理論武装して。材料を揃えて。地力を鍛えて。

なにより、その「逸脱」がはたして自分の残された持ち時間を賭けるに値するかどうかを十分に見極めて。

「いいもの」でありたいとは思う。でも、「どうでもいいもの」にはなりたくない。

死んでもなりたくない。  続きを読む

Posted by 独酔舎 at 20:40Comments(2)音楽

2006年07月14日

言ってもしょうがないけど暑いなあ!

いきなり夏.jpg
まとまった雨が降らず、じわりじわりと蒸し暑い日が続きました。いわゆるカラ梅雨というやつなんでしょうか。
ここ数週間は、夕方になると熱帯を思わせるスコール。
気がつけば空の色はすっかり夏だ。夏が来たぞお!

かぶりもの.jpg
狂乱の「きむらえいど」からはや二週間。あれから我家の中が微妙にヘン。  

Posted by 独酔舎 at 19:46Comments(3)音楽