さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2007年07月30日

雨上がる

昨日は舅の一周忌法要でした。ああ、あれからもう一年経つんだ。


雨上がりの雲がまるでビールの泡のようで、運動会で苦手なかけっこの順番待ちをしながら、せめて何か楽しいことを考えようと見上げた秋口の空を思い出させ、

でも梅雨明けはまだなんだな。

×   ×   ×

今週末(八月五日)は岩手のイベントです。

会場は東和町。宮沢賢治の花巻から、柳田国男(と・・・佐々木鏡石!)の遠野へ抜ける山間の小都市。学生時代からわりと馴染みのあるエリアだったりもします。
(特に遠野のことは、いつかきちんと書きたいです)

http://homepage2.nifty.com/m-yanagi/HP/touwa.html
「賢治の歩いた通りに音楽が響く」、まあなんたるメルヒェン!

メンバーを見ると、埼玉からはモスリンさんと『三人會(おと・miti・独)』が参加。
共演のみなさん、どうぞよろしく。

ちなみに南方海上には、台風5号が待機中。予報では八月二日が九州。そのまま梅雨前線に沿って東に走った場合、東北地方に到達するのは・・・

『三人會』、いつもながら  グッジョブ!!!  

Posted by 独酔舎 at 21:46Comments(7)

2007年07月29日

くらっ・・・と!

めまいがする。
目の前1.5mくらいのところで弾いてるのに、
いったいナニがおこなわれているのかちーともわからん。
・・・あれはいつだったんやろ。
ジャズフェスに沸き立つ仙台の街で、「まいたけ」氏の演奏を初めて観たときのオドロキったらなかった。
その後、何度かかぶりつきで演奏を観て、いろいろと知識も仕入れて、家に帰ってから
「・・・え~と、ここをこうして・・・(テケテン!)おっ!似てる似てる・・・ような・・・気がする・・・」
でも、あいかわらず肝心かなめのところは「籔の中」だ。

セッタ履きの右足で「ぺっしぺっし」とリズムを刻みながら、縦横無尽・変幻自在のストラミングの嵐。


そりゃウクレレ上手い人は大勢いるでしょ。どんな楽器でもそうだけど、「プロ顔負けのアマチュア」なんてのは、案外身近にゴロゴロしてるもんだ。

そんななかで「自分のやるべきこと」をはっきりわかってるという一点がこのひとの最大の強味であり、それがこのひとを凡百の「技術(知識)のコレクター」からアタマひとつ抜き出させているんだと思うんだ。

今日はアフターライブでゆっくり話もできて、楽しかったなあ。
  

Posted by 独酔舎 at 00:46Comments(4)

2007年07月27日

明日、「くらっとukulele」!


職場の駐車場の柵に、だれかが植えちゃった冬瓜(とうがん)。
いまや人の顔よりでかいサイズ。
まだ表面に、チクチクの針みたいな毛が生えてる。この毛がとれたら食べごろかな?
味噌汁にそぼろ餡。夏の味覚です。

炎天下での外仕事。今日は小学校のよいこたちが職場に遊びに来ました。
夏休みだからねえ・・・
おひさまの下でみっちり一時間汗かいて、さいごはテントの下でアイスキャンデーたべて。楽しい一日になりましたか?

おぢさんも楽しかったです!



あさってが義父の一周忌なので、たんぽぽとあかりは実家に帰っています。
わたしは近所の銭湯で汗を流して、いい気分。
露天風呂→サウナ→水風呂→ジェットバス→薬湯→塩サウナ・・・

ひととおりこなして、毛穴の奥の悪いものが全部でてった感じ。
最後にもういちど水風呂でカラダを冷やして、ああごちそうさま。

帰宅してから飲んだビールのうまいことうまいこと。

×   ×   ×

さて、明日は『くらっとukulele』!
今回はほんとにすごいよ。

「ギターとウクレレってどこがちがの?」ってよくきかれる。
大きさとか、弦の本数とか、いろいろあるんだけど、
いちばん違うのはねえ、「右手」。「右手」なんだよ。

ちょっとわかりにくい?

明日曼陀羅にくればわかるよ。(^^)




  

Posted by 独酔舎 at 22:04Comments(2)

2007年07月24日

今週末、「くらっ・と・ukulele」

鉄弦のギターですが、オーガスチンのハードテンション(青ラベル)張ってます。タフで輪郭のはっきりした低音。爪をのばさないでゆったりしたラグを弾くとキモチイイです。


×   ×   ×

さて、今週末、上福岡『曼陀羅』の月例ライブがやってまいります。
今回は、ハードボイルドなウクレレ奏者の登場。

「まいたけ」。

・・・べつにキノコではない。

いや、関東圏でウクレレ弾いてて、ネット環境持ってて、
この名前を知らないと・・・ちょっと問題があるかもしれない。

老舗のウクレレファンサイト「ウクレレビュリホーワールド」管理者。
(わたしもギターからウクレレに持ち替えた頃散々お世話になりました。)
http://www31.ocn.ne.jp/~ubw/
そして、いわずとしれた超絶技巧派ウクレレプレイヤー。

*ハーブオオタが開拓し、サザンの関口氏を媒介して今のウクレレブームの直接の起爆剤となったモダンジャズ/ポピュラー系ソロインストスタイル
*(日本では)ジェイクシマブクロや近年のIWAOさんでおなじみのネオハワイアンスタイル
*戦前のロイスメックやジョージフォーンビー等、奏法的にはアメリカ本土のテナーバンジョーの系譜をひくと思われるコードソロスタイル

・・・うんと乱暴に言って、このあたりが近年のウクレレ奏法の三大潮流だとして

三番目のコードソロスタイル、通称「ジャカソロ」にかなり早い時期から着目して、その可能性を押し広げてきた一人が、このまいたけ氏だと思う。

その演奏スタイルは、饒舌+アクロバティック+攻撃的。
ウクレレという楽器に「癒し」や「ほのぼの」「かわいらしさ」しか求めないひとには拒絶反応が出る可能性があるが、
ウクレレに限らず弦楽器一般がすきで、健全な好奇心を持ち合わせたひとには、
ひょっとすると一生忘れられないくらいの印象を残すかもしれない。

あらかじめ言っとくが、これはハッタリではない。
毎度言うことだが「くらっ・と・ukulele」、ゲストにだけは外れはない。

×   ×   ×

7月28日(土) 午後7時開演 チャージ¥1000(ドリンク別)
http://www5f.biglobe.ne.jp/~mandara/index.htm  

Posted by 独酔舎 at 22:29Comments(3)

2007年07月22日

六角橋「闇市」

横浜市六角橋商店街で毎月第三土曜日にひらかれている「闇市」。
露天・ストリート演奏花盛りです。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=16747035&comm_id=2003851
http://www.kbnet.co.jp/rokkakubashi/
風丸さん主催「アコースティックバトルクラブ」にまざってきました。
今回は『三人會』のおとさんmitiさんもいっしょです。

郵便局の駐輪場を借り切ってステージに。
降ったり止んだりの小糠雨。となりのブロックではアンプ・ドラムセット持込のザディコバンドが大音量でトバしてる。決してベストとは言えないコンディションだったけど、けっこう足を止めてくれるひともいて・・・
  

Posted by 独酔舎 at 22:50Comments(4)

2007年07月16日

WE LOVED KODOMO BAND!

さて、台風一過であります。

梅雨明け前でココロの準備もないうちに押しかけた大型台風。わたしん家のあたりは雨風ともに大事にならずにすみましたが、お向かいの公園では桜の古木がポッキリ折れたりしました。
みなさんのところはどうでしたが?まだ後片付けに追われているかたもいらっしゃるでしょうか。


などといいつつ、お盆の帰省のついでに入手したDVD、『初期の子供ばんど』。なつかしのテレビ神奈川「ファイティング80’s」のお宝映像集。以前から気になってたんですが、中古盤屋で安かったんで・・・

子供ばんど。それは1980年代初頭。「アナーキー」と並ぶ東上沿線の英雄(奇しくも、共にヤマハ「イーストウエスト」出身)。中学高校時代、さんざんコピーしましたっけ。わがやの納戸の奥には、いまだに赤メタリックのヤマハSGが眠っています。

開演と同時に観客席の後から突入する氏木つよし!小脇に「TAXI」のミニギター、あたまのてっぺんにミニアンプをくくりつけ、けたたましいノイズを振り撒きながら転げまわる。あっけにとられる観客を蹴散らし蹴散らし、ずりずりとステージに這い上がる。
見守るバンドメンバーの顔に、明らかな困惑と苦笑が浮かぶ。

・・・う~む、江頭2:50みたいだ!こんなやつがそ知らぬ顔で日曜朝のニュース番組の司会者をやっていたなんて!

リアルタイムで観てたころの印象とくらべると、さすがに演奏は荒いしボーカルはシャウトで流してるところが目立つ(モニターがお粗末なんでしょう)。もちろんテレビ収録だけあって音質は最悪。神技的に見えた氏木のギターも、いまにしてみればそれほどじゃない。

でも、4人が生み出すノリのぶっとさ、高揚感は・・・ぜんぜん色褪せてないなあ。
なによりや生気に満ちた氏木の表情。「これがロックなんだぜ」っていう圧倒的な説得力。

あ~また観たいなあ、このバンド。 ねっ、タイキューさん?

  

Posted by 独酔舎 at 21:30Comments(0)

2007年07月14日

謎の生物

つとめている会社の裏庭に植えられた芝生に、この時期になるとネジ花がたくさん生えてきて結構キレイだ。
・・・ありゃ、ことしはネジ花に混じってヘンなヤツが生えてるぞ。

豆モヤシの根っこだけみたいなやつ。おまえらいったい何者だ?キノコのたぐいかしらん。

×   ×   ×

さて、参院選はじまりましたね。いきなり台風で出鼻をくじかれた感もありますが・・・
どこに投票するかはゆっくり考えさせていただくとして、
某労組を名指しで「国民の敵」と呼んだ某政権与党。
カタチだけとはいえ労組(組織は別ですが)の末端に名を連ねている身ですんでね。こちらを「敵」よばわりするひとたちを支持するいわれはないよなあ。

ほんと、手近に細かい「敵」をこしらえてガス抜きをするのが得意ねえ。でも、そろそろキツイんじゃないの。
労働環境の保護を主張するやつは国民の敵。専業主婦は国民の敵。軽微な(?)病気で病院通いをする老人も国民の敵。果ては、公務員すべからく国民の敵。改革だ、叩け、叩け。
・・・あんたらにとっての「国民」の範囲って何よ(笑)?  

Posted by 独酔舎 at 18:51Comments(3)

2007年07月14日

下駄その後

雨の秩父市街で、某鉄道系路線バスに踏まれて成仏してしまった下駄。

たんぽぽ氏が製造元(岩手県宮古市)に電話してみたところ、「直してやるから壊れた下駄を送れ」との返事。
半信半疑で送ってみたところ、先日一足の下駄が届きました。真新しい鼻緒をすげられて・・・って、これってほとんど「全とっかえ」ってやつじゃないの!?いいのかしらん。
ちなみに代金は鼻緒代+送料(+税)でした。

さっそく履いてるヤツ。おまえには10年早い!

  

Posted by 独酔舎 at 18:31Comments(0)

2007年07月08日

たなぼたさま


きんじょの空き地のすみっこからちぎってきた笹に、100均で買った折り紙でかざりつけ。
折り紙・切り紙ってさ、コドモの頃すごく得意で、すごくいろんなものが作れたんだけどねえ。
・・・だれだい、短冊に「サマージャンボ当たりますように」って書いたのは?

  

Posted by 独酔舎 at 00:54Comments(1)

2007年07月05日

リス君


ベランダに面した窓にへばりついて、一日中シクシク泣いてるやつがいる。

去年死んだじいちゃんが買ってくれた大好きなリスのぬいぐるみ。その名も「リスくん」(ひねれよ!)が半年振りに洗濯されてしまい、物干しにぶら下げられている。
すぐ目の前にいるのに手が届かない。近くて遠いこの距離感がせつない。

明日俺がポックリ逝っても、こんなに哀しんでもらえないんだろうなあ・・・

ちなみに今日の関東地方は終日カンカン照り。リスくんもすっきり乾いて、日暮れには無事あかりさんの手元にもどりましたとさ。  

Posted by 独酔舎 at 21:42Comments(2)