さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2009年05月25日

くらっとukuleleスペシャル 第一夜 終了!(2)

「ノーマイクでやろうよ!」

誰かが言って、
そうしようそうしよう!ってんで、あっというまに
この日のライブはノーPAでやることが決まった。

入れ替えの手間がゼロになって、
持ち時間の20分をまるまる演奏に使える。
すべてナマオトだから、セッションも乱入もありあり。

一方で、あたりまえだが、
演者は、自分の声と手元だけで「音像」をこしらえねばならない。

・・・こわい。こわい連中だ。

×   ×   ×

モスリンさんの「鼻笛パフォーマンス」がいきなり出鼻をくじき、

その流れをホンキー鈴木さんがいきなりぶったぎる。

のらりくらりとした演奏&トークの果てに
他の出演者をつぎつぎにステージに引っ張り込んで
この日の流れを決定付けてしまった。(スゲェ)

やなぎさんが いつになく手堅くボールをリレーして、

それを意識したのか?これまでになく「唄」への傾倒を強めたおとさんのステージがあり、

館野さんの「語り歌」が
その全てを受け切って、中盤のヤマ場をつくる。

館野さんのあとの、並みの男なら尻込みするような微妙な空気感を、
「ホンキーシスターズ」ちえちゃんの凛としたキャラクターが中央突破。

彼女らがあけた穴を、
風丸親分のキツイキツイ「純情」がぐりぐりと掘り広げて、

そのトンネルの真中に立たされたワタシ。
さあ、何をどうしようか。

*花売り
*ショッピングモール
*いなだまの国
アンコール
*ヒラヒラ

×   ×   ×

でもねでもね、
個人的には二次会の
「はちみつぱい」セッション大会が
いちばんたのしかったです。
  

Posted by 独酔舎 at 22:28Comments(0)

2009年05月25日

くらっとukuleleスペシャル 第一夜 終了!

わたしが唄を再開したのが、2001~2002年あたりだったかしらん。

いろいろなヒトの助けもあって、
あちこちで唄わせてもらって弾かせてもらって。

で、結果としてなのだけど、
この年代としてはほとんど無節操といっていいくらい
めまぐるしく演奏スタイルを変えながらここまで辿り着いたように思っている。

その節目節目には、いつも個性的なシンガー/プレイヤーとの出会いがあり、

それは聴いたり聴かれたり、
いっしょにメシ食ったり旅したり、
互いのわりと恥ずかしいところを見せっこしたり、
おだてられたり、
時にはこてんこてんにやっつけられたり・・・

×   ×   ×

で、思ったんですがね。

昨夜の上福岡『曼陀羅』には
           (↑「茶」ではないのです!)

そうした、現在のワタシを形成するきっかけになったひと
節目節目に立ち会ったひと達が

集まってくれたように思ったのです。

イベントの性格上、ライブのトリはワタシがやらせてもらったのですが、
唄えば歌うほど、じぶんが
いま目の前で観ている人たちの
「いいとこどり」をしてるように思えてしまって、

なんだか可笑しくて可笑しくて!

ゆうべののライブは、
実はわたしの音楽の「元ネタ特集」だったのかもしれません。
客席からはどんな風に見えていたかな・・・  

Posted by 独酔舎 at 22:27Comments(0)