さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2009年07月28日

夏のスケジュールなど・・・

おともだちのJ食さん(お世話になりました)が企画したライブは、
「真夏の昼下がり、日本橋の天麩羅屋でよしだよしこを観よう!」というものでありました。

午後2時半、
大正製薬本社裏の会場にたどりつくと、
J食さんは短パンにエプロン姿で
陽に焼けたアスファルトに打ち水をしておられ、

よしこさまは天麩羅屋のカウンターの隅で
ひらべったい鉄ヤスリで
しゃかしゃかと右手のツメを研いでおられました。
「あらぁ、来たのぉ!」
・・・来ましたとも。

×   ×   ×

秋に、お気に入りのシンガー・レイチェルファーロウさんの
日本招聘を控えて、
出演交渉・事務手続きその他でかなりお疲れだと聞いていたのですが、
・・・事実、短い間にずいぶん痩せちゃったなぁ、という印象もあったのですが、

歌い始めればいつものよしこさんでした。

ノーPAだけど とても音の廻りのいい会場で、
言葉もスキャットもきれいに響き、

でも、ギター弾きとしては
なにより“あの”マーティン00028(ハカランダ!)の
「しゃらぁん」という生音を
おなかいっぱい楽しめたのが
すごくうれしかったかも。

うちのヤマキさんもハカなんだけど、
そして同じようにボロボロなんだけど、
音の輪郭=質感こそ似ていますが
あたりまえですがそれは全く別モノであり・・・

「レイチェルとならんでダルシマー弾いて、
“道端でおぼえた唄”を演るって約束したんだぁ!」
って、それは嬉しそうに語っておられました。

×   ×   ×

さてさて、8・9月のスケジュールが固まってきたのでお知らせを。
ご近所にお邪魔の節は、遊びに来てやってくださいまし。


☆8月1日(土)
『岩手ミュージックキャラバン2009』プレイベント@関東
出演:独酔舎・miti・おと・モスリン・MOGAMI・辻井貴子
朝霞『デスペラードステージ』
埼玉県朝霞市根岸台6-10-41 
第二トモエレジデンス1F
(東武東上線「朝霞」駅徒歩10分 Pあり)
電話048-451-3241 
開演18:00
ノーチャージ・飲食のみ

☆8月2日(日)
ココネ広場公園ライブ
東武東上線「上福岡」駅西口路上
観覧無料 11時~17時
新井薬師自警残党団
ぶるうべりい
モスリン
おと
“&”
独酔舎

☆8月7日(金)
『岩手ミュージックキャラバン2009』
http://homepage2.nifty.com/m-yanagi/HP/touwamenu08.html
岩手県花巻市東和町
東和総合支所駐車場野外ステージ
開演12:00
入場無料

☆8月9日(日)
福島県飯坂温泉『楽屋』
http://www.dip-mpm.com/gakuya/
詳細後日

☆9月5日(土)
「少年山荘マウンテンフォーク」
滋賀志賀町『少年山荘』
北村謙ほか出演者多数
12:00~

☆9月6日(日)
京都一乗寺『のん』
カンチ・おと・独酔舎
start 19:00
charge ¥1000(1ドリンク込み)

☆9月20日(日・休前日)
前橋『クールフール』
詳細後日

☆9月22日(火・休日)
東松山『音蔵』
やぎたこ・マッキー星野・独酔舎
詳細後日

☆9月27日(日)
秦野「たばこ祭り」
よしだよしこ 独酔舎
詳細後日   

Posted by 独酔舎 at 00:21Comments(0)

2009年07月26日

満員御礼!

上福岡『曼陀羅』完了です。

それにしてもフルハウスの曼陀羅!
自分が関わるものとしては、たぶん初めて。
(もちろん、先日の「くらっとウクレレスペシャル」は別格として・・・)

×   ×   ×

なんと25年ぶりの再会であったという
GWANさんとやなぎさん。

当時、演劇人とミュージシャンのコラボレーション企画・「JAM」を率い、
一方ソロのシンガーとして伝説のライブハウス「ぐゎらん堂」の常連。
当時最高にトンガっていた・・・であろうGWANさん。

当時、「ぐゎらん堂」の若きスタッフとしてステージのGWANさんを見上げ、
大人の世界に足を踏み入れつつあった・・・であろうやなぎさん。

その後幾星霜。
それぞれがまさに「地球を半周」してのめぐり合い
言葉に、音にならない会話がたくさんあったかなあ・・・
この場に立ち会えたことを幸せに思います。

×   ×   ×

わたしは・・・何をやったっけ?

*道
*ショッピングモール
*花売り
*食卓
*わかっておくれよシュガー
*ヒラヒラ
  

Posted by 独酔舎 at 02:43Comments(0)

2009年07月24日

『Freedom?』


1.満鉄小唄《壱》・・・・・・・・・(Traditional)
2.ヒラヒラ・・・・・・・・・・・・(詞・曲:独酔舎)
3.花売り・・・・・・・・・・・・・(詞・曲:独酔舎)
4.わかっておくれよシュガー・・・・(詞・曲:独酔舎)
5.ショッピングモール・・・・・・・(詞・曲:独酔舎)
6.道・・・・・・・・・・・・・・・(詞・曲:独酔舎)
7.満鉄小唄《弐》・・・・・・・・・(Traditional)

ちなみに使用楽器
AG(yairi=2・5/guild=3/yamaki=6)
ウクレレ(mauimusic)=4
エレキベース・ブルースハープ=1・7

「満鉄」以外はダビングなし・アコギ一本の一発録りです。   

Posted by 独酔舎 at 21:18Comments(0)

2009年07月24日

明日、GWAN+やなぎ+独 @上福岡『曼陀羅』

ご予約もぼちぼちいただいて、
だいぶにぎやかになりそうです!

×   ×   ×

右手のタッチが強いので、弦は前日に張り替えるようにしています。
直前に張ると弾いてるうちにヨレヨレになるのね。

さて、ギターは何をつかうべ。

*yamaki F180
*K-yairi DY18
*guild F30R

ヤマキは最近すごくいい感じに鳴ってきてるけど、
かなりボロボロの状態だったのを治し治し使ってるから
今日みたいな風雨の中を持ち歩くのは不安だ。

ひさびさにギルド行くか!
ヤンチャな感じで・・・  

Posted by 独酔舎 at 21:17Comments(0)

2009年07月24日

とりあえず完成

タイトルは『Freedom?』。

明日(25日)の曼陀羅ライブで頒布の予定。  

Posted by 独酔舎 at 02:13Comments(0)

2009年07月20日

東京ねずみ~らんど・・・

うすぐもりの空の下、
磯臭い風が吹いている。

あかりさんを肩車するわし。
かたわらにたんぽぽ氏。
周囲は老若男女の人波に埋め尽くされている。

目の前には中世ヨーロッパ風の巨城が
「悪の要塞」のようにそびえ立っている。

気の抜けたビールのような
人畜無害なダンスビートが
大音量で流れるなか、

テレビでおなじみの
富士額のネズミやら
下半身裸のアヒルやらが

手にした放水銃を、
わしら観客に向かって撃ちまくる。

わしは「うへ~っ!」という感じだが、
あかりさんは 超嬉しそうである。

×   ×   ×

全身ぬれねずみで
路傍にへたり込んだわしらの前を、

電飾ギンギンのパレードが
いまわの際の走馬灯のように
通り過ぎていく・・・

×   ×   ×

ああん、もう!
25日のライブ、来て~~~~!   

Posted by 独酔舎 at 09:23Comments(0)

2009年07月15日

じゅじゅっと焼けたよ

今日一日で、笑っちゃうくらい焼けました。

のどもとに黒い首輪をはめ
両腕に黒いストッキングを履いたような
絵に描いたような“土方焼け”であります。
・・・これでもう海辺は歩けません。

でも、今年の夏休みは家族で海に行くんだもんね。
西伊豆・堂ヶ島。

お向かいの公園の池を眼の前に
「うみ~~~っ!!!」
と叫んだ我が子。
ある意味、埼玉っ子の鏡です。

“リアル海”を目の前に、
どういうリアクションを見せるか!?

×   ×   ×

しつこく宣伝。

7月25日(土)
上福岡『曼陀羅』
http://www5f.biglobe.ne.jp/~mandara/index.htm
佐藤GWAN博
やなぎ
独酔舎
19時開演
チャージ1500円

良い席の予約は
ワタシまで、お早めに・・・

×   ×   ×

秋以降の予定もボチボチ埋まり始めております。

金森幸介さんのOA、決まりました!
うををを!!
http://www.chichibu.ne.jp/~honky/event.htm  

Posted by 独酔舎 at 23:19Comments(0)

2009年07月14日

とむらい

ひさしぶりの国政選挙だったり、
いろいろと動きがあるわけですが。

わたしは「死」も「とむらい」も
あとに残される者たちのためのものだと思っています。

(「死後の世界」が
実在するのかどうかはわかりませんが、
仮にあるとしても、
それは現在生きている我々が
まったく想像し得ないようなかたちで
存在している可能性が高く・・・)

「人がいつ死ぬか」ということに関する限り、
そこに世論や外圧
当事者以外の信仰や
本人の生前の遺志
まして(まことに申し訳ないが)
医学の出る幕など
ありはしないのであって

すべては遺族
(いや、まだ「遺族」ですらないのかもしれない)
の心情が
なにより優先されるべきだと思うのです。  

Posted by 独酔舎 at 23:57Comments(0)

2009年07月14日

梅雨明け

・・・ですな。

日々 猛暑が伝えられておりますが、
屋外は乾いた風が吹いて、
案外過ごしやすかったりもします。

昼休み
露天に張られた日除けのネットの下で昼寝など、
極楽ですわいね。

×   ×   ×

え~、CDであります(汗)

こないだの週末、一曲追加録音して
(ヤマハのポータブルレコーダー、
 いわゆる“サスケさん”で一発録り)
 ・・・全7曲。

今回のCDのテーマに合わなかったために
お蔵入りになった音源も何曲か出ましたが、
これはまたの機会に。

曲目・曲順が確定したので
ジャケットもエイヤと入稿しました。

つぎのライブにはなんとか間に合うといいな・・・

×   ×   ×

そう!ライブがあるのです。

7月25日(土)
上福岡『曼陀羅』
http://www5f.biglobe.ne.jp/~mandara/index.htm
佐藤GWAN博
やなぎ
独酔舎
19時開演
チャージ1500円
前売りはありませんが混みそうなので、
ご予約いただけば席取りしておきます。

  

Posted by 独酔舎 at 23:39Comments(0)

2009年07月05日

北村謙@ホンキートンク完了

・・・お家芸のクローハンマー奏法が白熱しているところ。


マニアックな超絶技巧と、ウタゴコロの同居ぐあいが絶妙。
カントリー/ブルーグラスの方法論を、
日本的な土着性・叙情性に溶かし込む
さじ加減が絶品。

あとは、
いかにも関西フォーク出身者らしい
笑いと毒のセンスだよなあ。

今回、はじめてゆっくりと話をさせていただいたけど、

今回のコミカル&トリッキーな路線は
戦略上の
いわば「ツカミ」の部分であって、
謙さんの本領は
2度目・3度目で発揮されるかもしれない。

打上げの「クロウハンマー教室」も
おいしかった~!!

  

Posted by 独酔舎 at 03:11Comments(0)

2009年07月04日

本日、北村謙@ホンキートンク

ひさびさにヤマキF180(’73)の弦を交換。

今日はコレで行きます!
・・さあ、なにを演ろうか?

☆7月4日(土)
北村謙「バンジョー一人旅」@秩父ホンキートンク
オープニングアクト:おと、独酔舎、西島寛二
開場: 18:00 開演: 18:30
前売り3000円 当日3500+オーダー 
問い合わせ:
0494-62-0728(夜遅く)
0494-25-1000(昼間 鈴木)
★電話、HPのメールでも予約できます★
[honky@chichibu.ne.jp]
[http://www.chichibu.ne.jp/~honky]   

Posted by 独酔舎 at 12:15Comments(0)