さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2014年06月28日

茨木のり子展

世田谷文学館で、詩人の「茨木のり子」さんの特別展見てきました。
せっかくいい展示なのに、公報が地味な感じで、
わたしは一週間前、新聞のコラムでさらっと触れられていたのを見つけたのだけど、
その時点で会期は残り一週間を切っておりました。

仕事ほっぽってでも見に行きたかったのだけど、
いかんせん、(めずらしく)自分が動かないとどうもならんイベントが金曜日に入っており、
その準備やらで身動きがとれず

それらすべてやっつけた今日、ようやく見に行くことができました。


茨木さん、代表作(そうなのか?)である
「自分の感受性くらい」
http://anond.hatelabo.jp/20080612145129
のイメージが強烈すぎて、
これまでちょっと敬遠していたのだけど、

じっさい、冒頭に掲げた新聞のコラムでも、
「びっとしたひと、凛とした女性」みたいなとりあげかたであったのだけど、

ひょんなことで手にした、「獏さんがいく」という、
とても短い山之口獏の伝記、というかオマージュ
その、ていねいで愛情あふれる文体に、
「あ、ひょっとして、このひとこわい人じゃないかも?」

・・・そこから、
茨木さんの詩の世界にどっぷりのめりこむまで、
たいした時間はかかりませんでした。


結論から言います。
茨木展、ものすごくいいです。

たいした広さじゃない展示スペース
さらっとみてあるけば、たぶん30分もかからない会場から
まるでありじごくのように出られなくなってしまい、
午前11時に入って、
結局、外にでられたのは午後2時でした。

2B~4Bの、やわらかい鉛筆で、原稿用紙や便箋にふりまかれた
ふんわりした書体の、
そのほとんどが、家族や友人に向けた
それこそ身もふたもないくらいの愛情に満ちており、

尊敬する先達であり、盟友である詩人・石垣りんさんへの手紙は、
書いている途中で、石垣さん本人から電話がかかってきてしまったらしく、
「いろいろ書こうと思ったのだけど、電話でぜんぶ話しちゃいました、ばいばい!」

・・・ああもう、なんなんだよ。
・・・女子高生かよ!!

ほかにも、谷川俊太郎さんとか、吉野弘さんとかとの
交流であったり

そして、さいごの展示室は、
(ほんとに)白いベールで隔離されたなかに、
晩年の茨木さんの、いちばんだいじなものが
静かに並べられていて。

はい、この文章読んで、
ちょっとでも興味持ったかた。
見に行きましょうよ。
ぜったい損しませんよ。
一生のたからものになりますよ。

すくなくとも私にとっては、
そうでした。
  

Posted by 独酔舎 at 22:44Comments(0)

2014年06月12日

ジェットストリーム(ストリ~ム、トリ~ム、リ~ム、~ム、ム、ム・・・・)

「すっとこほ~い・すっとこほ~い・すっとこほ~い・・・」

コンクリうちっぱなしの殺風景な部屋の中で
奇妙な電子音を発する、白く巨大な筒。

こ、これが噂の人体輪切りマシーン「MRI」。
なんという異様な存在感!!

亡き母の闘病中はさんざんお世話になったが、
まさかこれほど早く、自分がここに入る日が来ようとは・・・!

付属の寝台に横になると、
「造影中に動かないように」ってんで、上半身とアタマを器具で固定されてしまう。

で、スタジオで写真撮影するときにホコリをはらうのに使う
ブロワーみたいのを持たされて、
「何かあったら強く握れ」という。

(゚Д゚;)なにがあるというのか!!

最後に、両耳にヘッドホンがかぶせられ、
いまどきちょっとないくらいローファイな音質で
NHKの「ジェットストリーム」的なムード音楽が流れ始める。

「すっとこほ~い・すっとこほ~い・すっとこほ~い・・・」

「ジェットストリーム」のまったり感を台無しにして
鳴り響く電子音の中、

寝台はしずしずとせりあがって
「筒」の中に吸い込まれていき、
ついでにわたしも
吸い込まれていき、

目の前20センチくらいに、「筒」の内壁。
(・・・ああ、棺桶に入ってるみたいだな。)
(・・・焼き場の窯に入るときって、こんな感じかな。)

そんなことを思いついてしまうと、
「ジェットストリーム」のまったりした音楽すら、
妙に〝お葬式のBGM〟的なものに聴こえてきてしまう。

やばい。
俺って閉所恐怖症だっけ?
そういえば、すごく狭いエアダクトとか下水管みたいなとこに詰まって
動けなくなる悪夢を見ることがある!

ダダ上がりする脈拍、呼吸!
と、その瞬間、

「ぎょ~~ん!!ぎょ~~ん!」
「がん!がん!がん!」

昔懐かしいピンボール
あれにそっくりの、衝撃音が全身を覆う。
なんだなんだなんだ!何が起こったんだ!

「びよ~ん!びよよ~ん!」
「ばふっ!ばふふっ!」
・・・自分がゲームセンターの床下に迷い込んで
動けなくなった忍者になった気分。

もはや「ジェットストリーム」は、なんの救いにもなっていない。
というか、この異常なシチュエイションを強調する
役割しか果たしていない。

握るか!
ブロワー的なもの、握っちゃうか!!

・・・それからの20分間は、
ただただ「苦行」でありました。
おそるべし、「筒」。
おそるべし、「MRI」。

×     ×     ×

なんと、この一か月の間に、くび・脳・腰と、三か所ものMRI検査を受けてしまいました。
上は、第一回目の「くび」バージョンの実況中継です。

「筒」と「ジェットストリーム」と「ピンボール」にやられ、
真っ白な灰と化した頭で、それでも冷静に分析する。

(・・・狭いのとうるさいのは構造的なもんだから、どうにもならんだろう。
唯一どうにかできるとしたら、・・・そうだ!あのBGMか!)

×     ×     ×

2回目、脳のMRI。
エンジニアのにいちゃんに
「あの~、BGMって選べたりするんですか?」
と、きいてみる。

「はい、選べますよ。今日はですね、コブクロとエンヤと、古い映画音楽特集と、あとNHKのジェットストリーム(や、やっぱり!!)」

「え、エンヤでお願いします!」

結果的に、エンヤとMRIはなかなかに相性がよかった。
あの、ヤマもオチもない歌声にピンボールのような機械音がからむと、
なにやら、ひところ流行ったインダストリアルミュージックのよううな
奇妙な安定感が!

脳ですからね。
時間的にも、前回よりだいぶ長かったのですが、
とりあえず、がまんはできました。

まあ、体もあの環境に慣れはじめていたのかもしれないが。

×     ×     ×

三回目、腰のMR。

すっかりなじみとなり、
冗談すら言い合う間柄となったエンジニアの兄ちゃんに、

「BGM、これかけてください!」
と、差し出すCD
『矢野顕子 忌野清志郎をうたう』。

(柳家花禄の落語と、西沢和弥と、さいごまで迷った。)

「あ、いいっすよ!」

意外なほどかる~く
望みはかなえられ、

3度目のMRIは、これまでの2回より
時間が短かったこともあり、
ちょっと鼻歌でも歌っちゃおうかな~、くらいの気軽さで、

ああ、これでまたひとつおとなになれたよね
という、克服感が、ありました。

×     ×     ×

結論。
MRIの、あの狭さとうるささは変えられません。
現在のところは!

でも、あのBGMは
ユーザー側の意志で、変えることができます!

これから、はじめてMRI検査を受けるあなた。
勇気を持って、言ってみてください。
「BGM、このCDかけてもらっていいですか?」   

Posted by 独酔舎 at 20:41Comments(0)

2014年06月03日

時々自動

ステージ中央に、無造作に積まれた
金管・木管
鍵盤とウクレレ
そして、数本のビニールホース。
時々自動


朝比奈尚行さん
(「トンネルの唄」の逸人さんの実兄)率いる
劇団「時々自動」の公演、
「生まれてはじめて出すフォルテ」は、
こんな景色から始まった。

ふつうなら、ここから
大勢の楽団員があらわれて、
山と積まれた楽器をとりあげて、
はなばなしく演奏がスタート・・・
なのだが。

×    ×    ×

ステージ袖の暗がりから4人の男女が這いだしてきて、
この楽器の山のなかの、ビニールホースのほうを
吹きはじめる。

すう。すう。すう。

風音みたいな呼吸音が、客席をみたしていく。
いつかそこに倍音がくわわっていき
(木管や金管のマウスピースを使っている?)

ぷう。ぷう。
ぶう。ぶう。
ぶわわ。ぶわわ。ぶわわわ。ぶわわわわ。

アボリジニのディジュリドゥみたいな、
重層的な倍音のアンサンブルが立ち上がって・・・
ショーが始まった。

まさに、「音楽が生まれる瞬間」の、再現。

×    ×    ×

その後も、「音」をテーマにしたパフォーマンスが
幾層にも積み重なって、物語が進んでいくのだけど、

いちばん印象に残ったシーン。

真っ黒なステージに、白いカーペットが敷かれて、
そこに鍋釜やら食器やら(すべて真っ白)が並べられ、

そこにまた、真っ白な食材がもりつけられて、
白衣をまとった役者さんたちの、「食事会」が始まる。

最初は金属のスプーンで、スープをすする
「かちゃかちゃ」。

それが、白おにぎりや、素サンドイッチをたべる
「もふもふ」だったり

生野菜や酢の物をかじる
「ざくざく」「ぽりぽり」だったり

そういう食材をめぐって、
(・・・お、俺そこにあるそれ、まだ食べてない!ちょうだい)
みたいな無言のやりとりがつづいて、

最後は、食べ終わった食器を
めいめいで
重ねてかたづける音。

なんというか、
みんなでものをたべる行為自体が
ひとつの音楽になっていたのだ。

×    ×    ×

ゲストで出演してた、スリーピースのバンド
「キサマオルタネイティブ」。
ドラム(バスドラはカホンのおばけみたいな「箱」であった。)
・ギター・バリトンサックスといいう
変則的なアンサンブルで、
ものすごくとんがった、いかした音を出してた。

バリトンサックスがフロントに立つ絵づらから、
モーフィーンなんか好きなのかな、と想像して、
アフタートークのときにきいてみたのだけど、
彼らを知っていたのはギターのひとだけで、
むしろ3人に共通の嗜好は
「ドアーズ」なのだという。
あ、それでベースレス・・・

×    ×    ×

舞台のクライマックス、
「キサマ」の三人が、
おそらくは練習スタジオかどこかで
「新しい曲をつくってる」姿を中心にして、

「時々」の演者たちが勢揃いして
いかにも楽しげに 吹き、踊る

ここでもまた、「音楽が生まれる瞬間」が演じられている。
http://youtu.be/pAnbxktKn_I
http://youtu.be/9zAjaiX9n6E
器楽奏者による、器楽奏者ならではの
身体表現なのかな。
「時々自動」、おもしろいです。  

Posted by 独酔舎 at 06:57Comments(0)