さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2014年11月12日

「イチマス」終了!

佐藤GWAN博LIVE「イチマス」@下北沢『ラ・カーニャ』
心配された雨にもみまわれず、 無事、終了しました。

お店のPAシステムが直前にトラブルに見舞われ、
それはそれはシビアな状況のなか、
駆けつけてくれたオペレーターの波多野さん
(なんと、マッキー星野さんの同級生なのだと!)
が、悪戦苦闘して
飛び入り・レイアウト変更ありありの
このきわどいライブを成立させていただきました。
どうもありがとうございました。

×    ×    ×

ライブ本編は、
まず出演者全員による「青空」でにぎやかにはじまり、

そこから一時間を超えるGWANさんソロのおだやかな熱演
「マリーファーラー」から「ブラザー軒」へのウルトラビターな展開から、
新曲「ふにゃらら」でストンと落として、
ゲストその1:城野謙一&角谷奈緒子へとつなぐ。

ジョーノくんの奇をてらわない、のびやかな歌とギターのうえで、
百戦錬磨のセッションウーマン=角谷さんのビオラが、うたうことうたうこと。

ビオラなんて、
ヴェルベットアンダーグラウンドのジョンケイルくらいしか知らなかったけど

ああ、いいな。
ひとの肉声に近い楽器って、いいもんだな。
バイオリンとはひと味違う、
ビオラという楽器の心地よさを
実感したことでありました。

×    ×    ×

しばしの休憩時間をはさんで、
ゲストその2:うちら「ぺんくま」の出番であります。

*あぶく
*わかっておくれよシュガー
*観覧車に乗って
*生きているもの死んでいるもの
*かえでのおうち

GWANさんのゆるやかな世界観に
身をあずけるという選択肢もあったのですが、

ラストの「かえで」は別にして、
ここはあえて、きつめの曲で固めさせてもらいました。
わたしら風情がどんなに暴れたって、
最後はぜ〜んぶもってかれちゃうのがわかってたから(笑)

「生きているもの」、わたしがこの詩を知り、
茨木のり子さんにたどりつくきっかけをくださった
シンガー=岡崎カコさんのまえで演れたのがうれしかったです。

×    ×    ×

そこからは、GWANさんとぺんくまでのぐりんぐりんのセッションタイム1
いちおうリハーサルらしきものはしたのですが、
あほうなわたしは
そのリハーサルで決めたことを
かたっぱしから忘れてしまうので・・・
今回もゑ川師匠に、だいぶ助けていただきました。
「ハロームーン」は、やってて気持ちよかったなあ〜!!

×    ×    ×

二度のアンコール終えて、
トータルで3時間近いショウが終わり、
たくさんの拍手とコメントをいただいて
ああ、なんという充実感。

GWANさん、お世話になりました。
そして、あの場に居合わせてくださった、すべてのひとに感謝です。  

Posted by 独酔舎 at 21:01Comments(0)