さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2016年08月30日

歌う「気持ち」

東和町の「ほうほう」さんと別れて、山中を走ること1時間半。仮設店舗の陸前高田「ジョニー」に到着。

やなぎさんに連れられて、震災前の「ジョニー」にお邪魔したのが15年前。あのときは、秋田の大仙市の音楽イベントに向かう大勢のシンガーのなかのひとりでした。

×     ×     ×

ジャズ喫茶なのに、なにやらしんとした店内。

聞けば、日中は壁際に置かれたステレオセットの調子が悪く、しばしば音楽が流せなくなるとのこと。

外は秋風が吹き始めているのに、屋根壁を太陽に直接焼かれるプレハブ建築の環境は過酷なようで・・・仮設暮らしの現実の一端を見た思いがしました。

たまたまイベントの打ち合わせに来ておられた地元の方々とコーヒーを飲みつつしばし雑談。被災地でライブをやることについて、「なかなか人も集まらないし、大変でしょう?」との問いに、

「しっかり気持ちをつくらないとできません。」

と、よしこさんが答える。

「気持ちをつくる」という言い回しにはっとする。うまくいかないライブのときに感じる、なにをやっても上滑りするような、伝わらない感じ。

去年、意を決して震災後はじめて釜石のまちで歌ったときもそうだった。

×     ×     ×

しばらくして主催のしのぶさんも合流。開演まで間があったので宿に移動し、少し早いけれど風呂に漬かって汗を流しました。

湯上りのほてりを冷まそうと外に出てみると、背後の高台の木立ちの中に大きな甍(いらか)が見える。

先週の台風でところどころ崩れた坂道を上ってみれば、それは古いお寺でした。

鐘楼を兼ねた山門の前に真新しい石碑が建っている。東日本大震災殉難者の供養塔です。

山門前の広場から、集落を見渡すことができました。どの家も柱や土台は古びているのに、屋根瓦や土壁が不自然に真新しいのです。

さっき宿のロビーで話した湯治客のおばあちゃんが、「こんなところまで波がきたのよ」と言っていたっけ。

集落の真ん中をひとすじの線路が走っているのですが、いちめんに夏草に覆われていて、これは震災いらい一部不通となっているJR大船渡線。

・・・この広場に逃げて助かった人もたくさんいたんだろうな。そんな景色をみているうちに、自分のなかでじわじわと「ここで歌う気持ち」みたいなものが立ち上がってきました。

日が落ちて、ようやく昼の猛暑から解放されたジョニーに、ぞろぞろとお客さんが集まってきます。ぜんぜん知らない顔に混じって、塩釜市のイベントを終えてかけつけてくれたやなぎさん。

そして、どこで嗅ぎ付けてきたやら、昔おなじ職場にいて、いまは釜石市で働いているとても若い友人の姿も!

舞い上がったり、気負ってしまってもおかしくないのに、不思議と心が静かだったのは、前座の気楽さか、あるいは「気持ちができて」いたということなのか。

昼に東北道からみえた稲穂の海を思い出しながら、「いなだまの国」からゆっくりスタート。長い歌のあとで、みんなにちょっとリラックスしてほしかったので、「アフリカの月」。

さっきのお寺で急きょ歌うことを決めた「カンパネルラとカルボナードの間」。
http://docsuisha.sapolog.com/e332495.html

歌詞に「カンパネルラ」と「カルボナード」の名前が登場したとき、客席から「あっ!」と小さく声が上がって、ひやりとする。でも、このままいくしかない。幸い、その後の空気は好意的なものでした。

MCをはさんで「食卓」。そして、ちょっと勢いをつけてよしこさんにつなげたかったので、「黒の舟歌」。音響の良さ、お客さんたちの温かい反応にも支えられて、とてもいい感じに着地できました。

×     ×     ×

よしこさんのステージは、いきなり大曲「地球に似た星にいるあなたへ」からスタート。

新たなことばが付け加えられた反骨のうた「She Said No!」。夕陽を浴びる丘の上で缶ビールを手にしたよしこさんが古代人と対話する小品「3/4あたり」。

中盤、やなぎさんとわたしが呼んでもらって、3人で「トンネルの歌」から「生活の柄」のメドレーと、ノンストップでどんどん進む。

ラスト、被災地の「いま」を切り取った大曲「高野君の焼き鳥屋」。
https://youtu.be/TpnY--tObKo

そういえば、昨日の盛岡では、1曲目が「忘れないということ」、
https://youtu.be/G3cjS6aXONY

ラストがこの「高野君の焼き鳥屋」だった。すごいな。いま、東北で、歌うための「気持ち」が、ステージの中心をまっすぐに貫いている。

×     ×     ×

(武骨な男歌をやわらかな女言葉にさしかえて、「おばかさん」とやさしく語り掛けるアンコール曲もよかったです。)


  

Posted by 独酔舎 at 20:33Comments(0)

2016年08月30日

ほうほうさんに逢った。

今回の旅の収穫のひとつは、よしこさんとわたしの共通の友人で、以前「土沢音楽祭」でお世話になった「ほうほう」こと溝渕和男さんにお会いできたこと。
http://kafe-houhou.ftw.jp/u26417.html

 盛岡から陸前高田へ移動する途中、東和町の道の駅で溝渕さんご夫妻と合流。もう5年近くもご無沙汰しているのに、まるでなんの隔たりもないかのように、お互いの「いま」の話ができるのは、とても不思議なこと。

 溝渕さんは「それは、名刺の交換から始まるような関係ではないからだよ。」

 肩書にしばられず歌で自分の内面を表現しあう、音楽仲間ならではの距離感であるのかもしれない。

あ、いっしょに写真撮っておけばよかった!
まあ、それはまたこんど。  

Posted by 独酔舎 at 20:31Comments(0)