さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


2005年04月11日

カバーソングを演ること

2004.10.30独.JPG

たまには音楽の話もしなきゃね。

(上の写真は皆野ホンキートンクの常連、“EASEL”のギタリスト、イチロウさんに撮っていただきました。)
オリジナルよりカバーソングをやるほうが好きなわけですが、
ステージに乗せる曲を選ぶときにいちばん気にするのが、
「それがその場所でしか観られないものであるかどうか」ということです。
言ってみりゃ、わたしがその曲を演奏する必然性みたいなもんです。

完コピはしません。市販の曲集は買いません。リクエストには(原則)答えません。必ず一箇所以上の「からくり」を仕込みます。

せめて「原曲とは全然違うけど、これはこれで悪くないよね」と言ってもらえる曲しかやりたくない。結果として(怠け者であるせいもあるが)、なかなかレパートリーが増えません。いつまで経っても長丁場のステージがこなせません。

つづく。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(音楽)の記事画像
春雨(で、楽器増える)
上尾『DON』終了
DON
丸木美術館「廃品復活展」2
丸木美術館「廃品復活展」1
The とびどうぐ
同じカテゴリー(音楽)の記事
 0泊3日、盛岡の旅。 (2017-10-30 21:05)
 春雨(で、楽器増える) (2007-03-25 21:42)
 上尾『DON』終了 (2007-02-11 00:44)
 DON (2007-02-05 21:32)
 丸木美術館「廃品復活展」2 (2007-01-23 07:31)
 丸木美術館「廃品復活展」1 (2007-01-21 21:33)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
カバーソングを演ること
    コメント(0)