さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


2005年04月12日

カバーソングを演ること2

2005.4012.jpg

これは『三人會』をはじめた頃だと思う。
同じハコ(旧“熊谷葡萄館”)・同じメンツ(おと・miti・独)で続きもののライブという制約から身内の集客がきつくなってしまった。組み合わせ自体は絶対おもしろかったと思うんで、いつかまたやりたい。
オリジナルの楽曲で固めれば、とりあえず体裁として「他では聴けないもの」になるとは思う。でも、聴き手の立場に立ったとき、「聴いたことのない既成曲」と「オリジナル」の違いは何だろうと思う。

最初のワンフレーズを聞いただけで「あいつだ」とわかるようなオリジナリティーを持ちたいと思う。そんな強烈なオリジナリティーの持ち主が、わたしの周りにはゴロゴロしている。

からくりの好きな私がオリジナルを作ると、それはしばしば「からくり」そのものになる。
・・・いや、そもそも曲としてまとまる前に詰め込みすぎて自滅することのほうが多いが。だいいち、その「からくり」がどれもこれもシンプルで稚拙だ!(汗)

「からくり」だけで持ってるような楽曲がならぶと、それは「散漫」になる。インストならまだいいのだけど、歌モノでこれをやったら最悪だ。

今はまだ、とりあえずいろんなスタイルで演ることが楽しいようなところがあるけど、いつか「偉大なるワンパターン」みたいな感じでやれたら最高だと思う。

×   ×   ×

このところまとまったライブができずにいて、なんとなく家でウクレレを弾いてる時間が増えた。だらだら弾いてるだけなんですが、いままで出来なかったことが出来てきたりして、ウクレレ弾くのが楽しいです。

で、そっちに夢中になってると、いままであたりまえのように弾けてたものが弾けなくなっていたりします。ああ、おもしろい。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(音楽)の記事画像
春雨(で、楽器増える)
上尾『DON』終了
DON
丸木美術館「廃品復活展」2
丸木美術館「廃品復活展」1
The とびどうぐ
同じカテゴリー(音楽)の記事
 0泊3日、盛岡の旅。 (2017-10-30 21:05)
 春雨(で、楽器増える) (2007-03-25 21:42)
 上尾『DON』終了 (2007-02-11 00:44)
 DON (2007-02-05 21:32)
 丸木美術館「廃品復活展」2 (2007-01-23 07:31)
 丸木美術館「廃品復活展」1 (2007-01-21 21:33)
この記事へのコメント
俺自身がカバーソングをプレイする場合の決まりごと。
●コピ禁 ●詞に気持ちが入っていける歌 ●ジャンル無し ●英詞は訳す(詞に入るため) ●きよかん以外には出来ないプレイ 例外もありますが、こんな感じでやっていますが、様々なカバーはユメリア仲間は聞いたことが無いんですね。
Posted by ゲスト at 2005年04月12日 22:10
「カバー」について聴き手の立場でいろいろ考えてたら、高田渡が逝ってしまいました
私は、2度聴いたことがあるだけですが「偉大なるワンパターン」という言葉で、その印象的だったMCをいくつか思い出しました
いわく、「しょっちゅう新しい歌なんか作らなくてもいいんだよ、どれも一緒なんだから」
「僕、ナマ放送には出してもらえないの、リハと本番で違う歌うたっちゃうからって。でも、歌なんてさ、その時の気分で歌いたい歌を歌うもんだろ?」
「好きな詩はさ、歌いたくなるんだよ」

私の大好きなフォーク・デストロイヤーズは「卑劣な隠しダマ」と言いながら、ポピュラーなメロディに乗せてピリリとヒネリの利いた諷刺の歌を歌うのですが、
渡さんは、好きな詩にメロディをつけて歌うの好きだったんですね。これもまた、「カバー」?(笑)

私がカバーソングに期待するのは何らかの「サプライズ」ですね
あれをこんな風に料理しちゃうんだ…!という…
独さんの言葉で言えば、あえてその歌を選ぶ必然性でしょうか
それがなくて、ただ既製の歌を歌うのなら、何も人の前で歌うことはないと思います
デストロイヤーズの何曲かは、私にとってはすでに元歌を凌駕しています
Posted by ゲスト at 2005年04月19日 15:43
亀レスつけていいのかな?

マンマさん、お初です。
E.C.のアんプラグドを完璧にコピーする人たちのライブを聞いていると、どうせならとやっぱりこっちがいいやと、クラプトンのCDを聞きたくなります。

カバーの奥深さは、素材のすばらしさに対決する、そんな心意気だと思います。
Posted by ゲスト at 2005年04月19日 20:02
きよかんさん、始めまして
ちょっと書き過ぎましたかしらね、ワタクシm(__)m↑
独とうさんはトマトっこにお説教のようです(笑)
Posted by ゲスト at 2005年04月20日 21:48
日本人はちょっと売れればすぐ全国ツアー。外タレだっていくらかヒットの兆しが出ると、すぐに誰かが日本に呼んでくれちゃう。

ちょっと小遣い貯めて、タイミングが合えば「本物」のライブに行けちゃう。結局、「本物観ればいいじゃん」という点に尽きるんですよね。

その一線を越えて、「まあまあ、そういわず来てやってよ。これはこれでいいもんだよ」と言うためには、やはりなんらかのプラスアルファ、マンマさんの言うところの「サプライズ」が絶対必要なんじゃないかな。

ところでマンマさん、わたしもたいがいヒドイこと書いてますし(爆)

ところで渡さんの「石」って今聴くとすごくカラフルな内容ですね。まさに「サプライズ」に富んでいる。

・・・・と、続きはBBSの方ででも。
Posted by 独酔舎 at 2005年04月21日 06:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
カバーソングを演ること2
    コメント(5)