さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


2011年10月11日

カンパネルラとカルボナードの間

カンパネルラとカルボナードの間
夏草だらけのホームの上で
赤信号がともっている
汽車なんかどうせ来やしないのにね
駅の名前はカンパネルラ
僕の旅のはじまりの場所

波に洗い清められた
防波堤の先っちょに
二十歳の僕がまだへばりついてた
たどりついたのはカルボナード
石段だらけの漁師町
カンパネルラとカルボナードの間
涼しい風が吹いてくる
トンネルの
奥のほうから

無理矢理に 引き剥がされた
未来の付け根に
滲んだ血が
どうしても 止まらない
カンパネルラとカルボナードの間

海辺の町にはその昔
マハラジャが住んでいた
かなわないことなんか何も無かった
夢のお城は店じまい
眼の高さまではむきだしの赤土

断ち切られてしまったこと
否応無く続いていくこと
それはいいとか悪いとかじゃなく
ただ時間は過ぎていく
カンパネルラとカルボナードの間で

サルベージ船が沖をゆく
今日も暑いよ
そろそろお昼にしないか?

何があろうと腹は減るし
春には花も咲くだろ
みていてごらん
もうすぐさ きっともうすぐさ
カンパネルラとカルボナードの間
夜明け前 浅い眠りの中で
きれぎれの
汽笛の音を聴いたんだ

見上げれば 鉛の空に
青白く光るRailway
その先は
どこにも続いていない
カンパネルラとカルボナードの間
涼しい風が吹いてくる
トンネルの
奥のほうから

無理矢理に 引き剥がされた
未来の付け根に
滲んだ血が
どうしても 止まらない

あなたにおススメの記事

この記事へのコメント
春に花を咲かせた
桜の木は枯れていきました。
Posted by はっぱやまめ at 2011年10月18日 22:14
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
カンパネルラとカルボナードの間
    コメント(1)