さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


2007年12月17日

化ける

昨夜、ひまだったので録画してたドラマなんぞ観る。

畠中恵さんの『しゃばけ』シリーズ、じつは第一作目からの大ファンだったりする。
近頃とみに人気であるらしく、文芸誌で特集が組まれたり
ムック本が出たりして、たいへんうれしい。

つい先だって、この「しゃばけ」がTVドラマになった。
当日たまたま自分のライブに重なってしまい観られなかったのだが、たんぽぽさんが録画しといてくださった。ありがとー。

「・・・めっちゃチープだったらどうしよう。まんさい君の『陰●師』みたいのだったら、いやだなあ・・・」
ほとんど怖いもの観たさ、正直言ってあんまり期待してなかったのだが、いやこれがいいのなんの。

原作の持つメッセージ性とかもしっかり前に出ていて、トイレに行く暇もなく一気に観ちゃいました。

物語の本筋とは関係ありませんが、薄墨色に低く沈み込むような江戸の町を両国から西へスカッと見晴るかす俯瞰の映像(もちろんCGですが・・・)は、まさにイメージぴったり。

・・・そう、話の内容が内容なんでCG・特殊メイク使いまくりなんですが、このへんは、話が成り立つぎりぎりまで抑制してもいいかもしんない。純和風の物語ですからね。“バイオハザード”は要らんですよ。
むしろ、仁吉・佐助のコンビが冒頭以外ではほとんど素のままの演技を通してたのがよかったですね。「人間じゃないものが人間のフリをしてる」異様さは充分伝わってきましたっけ。

あと、人気女形の早乙女太一君が大フィーチャーされてて、まあ、たしかに綺麗だし、芝居もとても上手だし、それはそれでお好きな方にはたまらないんでしょうけど、脇役があまりノシてくるのはねえ・・・

などなど・・・

これはしっかり手間ひまかけて映画化してほしいですねぇ・・・

で、今回のお話のカギになる世界観。
「モノは100年を経ると化けて“付裳神(つくもがみ)”という妖怪になる」

キタキタ~!!!

とりあえず、こーいちさんとこのアイツはもう化けてる。まちがいない。

義太郎さんとこのアイツももうすぐだ。

カンチさんとこにも一匹、もうちょっとで化けそうなのがいたけど、あれは某所の火事で燃えちゃった。残念!

やなぎさんとこや金沢のアロハ屋ナラさんとこは、もう家自体が付裳神になりそな感じ。

・・・などとしょうもないことを考えてるうちに、
職業柄、日々付裳神の中に埋もれて暮らしてる自分に気付く。ヤバイ。

あっ!

うちの田舎のばあちゃんも、もうすぐだ!!

あなたにおススメの記事

この記事へのコメント
 ユーチューブの画像みましたよ。ほんとに人生楽しんでるって感じですね。
ギブソン帰ってきました。なんとかまた使えそうです。ありがとうございました。
わたしのブログ「毎日が誕生日ー猫好き」ぐらいいれて検索してもらえば行くと思いますが、写真を載せておきました。
Posted by wakachan at 2007年12月18日 22:12
さっそく観に行ってみると・・・

お~、すごいカンロク。また弾けるようになってよかったです!
あのショップだと接着剤はちゃんとニカワを使ってくれてると思うんで、完全に固まって安定するまでに半年~1年は掛かると思います。鳴りのほうもこれからどんどん変わっていくと思いますんで、お楽しみ。

是非“化ける”くらいまで可愛がってやってください、って余計なお世話ですが・・・
Posted by 独 at 2007年12月18日 23:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
化ける
    コメント(2)