さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


2008年01月14日

ホルモン鉄道+館野公一

ホルモン鉄道+館野公一紙筒を組んでつくったフレームに、太鼓やタンバリン・空き缶なんかの鳴り物が無造作にくくりつけられている。これが元『たま』石川浩司さんの「ドラムセット」だ。
周囲にはビニールのキューピー人形やハト笛といった音の出るおもちゃ、はては鉛筆削りまでが雑然とちらかっていて、いきなり見せられたらこれがプロのミュージシャンのセットだとは誰も思うまいて。

×   ×   ×

というわけで、石川さんと大谷シロヒトリさんのユニット「ホルモン鉄道」と、語り歌の館野公一さんのジョイント(・・・って、オイ!)ライブに行ってきました。
ホルモンのユルユルでハチャメチャなパフォーマンスに、我らが“こーいち”館野さん大苦戦の一夜(笑)
「富士見が丘ストーリー」ではバックで石川さんがパーカッションを叩くサプライズもあって・・・なんかぜんぜん違うものになってたぞ。館野さん危うし!

×   ×   ×

石川さんのパーカッションはあいかわらずすごい。音楽が音楽として成り立つスレスレのところを確信犯的に突き進む、その痛快さ!
そのくせ軸足は常にポップミュージックにあって、もっともらしくしかめ面した「アバンギャルド」にならないのがいい。

大谷さんははじめて観た。かなり本格的にレストアされた赤ラベルFG180で、ザクザクしたストローク。本来すごくマジメな人なんだろうなという印象を受けた。ソロのステージもみてみたいかな。

なんかよくわからない流れでパンツ一丁の裸になったホルモンの二人。
大谷「今日、娘が晴れ着着て成人式に行ってるのに、その親父はこんなとこでパンツいっちょで踊ってるんだ~!」
そ、それは痛い!痛すぎます!(爆)



あなたにおススメの記事

この記事へのコメント
うわ〜 これです!これ!わたしの憧れるスタイルは!
聴いてみたかった〜!
Posted by ぼに at 2008年01月14日 17:30
正月にイカ天のビデオ見て再度たまの
おもしろさを感じてました。
聴いてみたかったな。
僕は今日はウイーンフィル聴きに行ってたから、
それはそれで良かったけど。
Posted by モスリン at 2008年01月14日 19:01
ぼにさん

それはもう、聞かなくちゃだめだよ!
都心に出掛けていくのがしんどければ、地元に呼んじゃえばいいんだよ!

モスリンさん

そっちもいいなあ!
ノーPA、生音とハコの「チカラ」だけで聴かせるってのが・・・
Posted by 独酔舎 at 2008年01月14日 21:44
キューピーさん、生んだ?(@_@)
Posted by さくら at 2008年01月14日 22:53
産まなんだ。

一応セットリストがあって、何をやるかも打ち合わせてるみたいなんだけど、実際はじめてみて何が起きるかは本人たちも掴みきれてないみたい。
Posted by 独酔舎 at 2008年01月14日 23:03
なんか入りが4時で、2人はいろいろいろいろと打合せしてましたよ。
「昨日とどうちがうのやるか」とか「えー鉛筆削り忘れたの」とか、よくわかんないこと話してたよ。でも、リストは紙に書いてないものだから、途中でわかんなくなっちゃたみたいだったですよ(*o*;)
Posted by こーいち at 2008年01月15日 00:58
こーいちさん

お疲れさまでした!おかげさまでとても楽しい夜になりました。

そうですか、4時入りでメンミツな打合わせ・・・
う~む。その光景を見てみたいです。

>「えー鉛筆削り忘れたの」
そうか、それで石川さんは100円ショップのちっこい鉛筆ケズリになっちゃったんですね(なぞ)
Posted by 独 at 2008年01月15日 21:25
鉛筆削りの役割はなんだったんですか?
Posted by たんぽぽ(ド素人) at 2008年01月16日 10:18
鉛筆削りの役割は…

鉛筆を削ること(爆)
いや、マジで。二人して削りまくってました。
Posted by 独 at 2008年01月16日 12:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
ホルモン鉄道+館野公一
    コメント(9)